こんなエフェクターあったんだブログ

気まぐれに更新。エフェクターの話題を中心に音楽系の話題を。

ベース音がいかに大切かというお話し。

ベースは曲を引っ張る楽器

ベースは地味な楽器という印象を払しょくできるような動画を見つけた。
これはベース音がメロディの印象を決定するというバンドマンにとっては切っても切れないような音楽理論のお話し。
メロディがメジャースケールで作られていて明るくても、後ろでなっているベースのせいでマイナー調で暗く聞こえてしまうという、驚くべき事実が語られている。www.youtube.com

間違いがあるかもしれない解説

Cメジャースケールというと、ドから始まる
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ
で表される旋律、というのはなんとなく聞いたことがあると思う。

はやい話し、このドからシたちを使って明るいメロディ作っても、
その時になっているベース音によっては
明るい曲にも暗い曲にも聞こえてしまうということ
がこの動画で言われている。

ギターを弾く人はコードを手の形で覚えるから、あまり意識をしたことはないと思うけど、Cメジャースケールはドレミファソラシでできているから、それを基礎とした曲をピアノで弾こうとすると、全部白鍵で弾けてしまう。

普通に考えてみれば、ドレミファソラシドでできているのだから当然といえば当然なのだけど、改めて見てみると驚く。

Cメジャーの曲、たとえばスピッツのチェリーを構成するコード(C,G,Em,Am,F)
は全部白鍵で弾ける。
このコードを一つずつ見ていくと、やっぱり全部白鍵。
悲しいAm、Emも、ギターで押えるのが難しいFも全部。

このことからベースに乗っかるメロディがいくらメジャーでも、ベースが違うだけで、マイナーにもメジャーにもなるということが視覚的にもわかる。

だから演奏中その時に鳴っている一番低い音が、人の印象をコントロールするということもわかる。

ベースって超大切。