読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなエフェクターあったんだブログ

気まぐれに更新。エフェクターの話題を中心に音楽系の話題を。

マルチエフェクター Tone Lab ST【Vox】

Tone Lab STは数あるマルチエフェクターの中でも市場に長く存在する機種の一つ。

価格も1万円以内で、大きさもギターケースに入る程度。
ペダルもデフォルトでついているので、使い勝手もいい。
プリセット音源が50種類と豊富で、ユーザーも50個まで自分で作った音色を保存できる。
さらにヘッドホン端子もついているのでコレ一台で音を聴きながら練習もできるときた。

ただ、スイッチ切替えのときに一瞬音が途切れるようで、amazonにはそのようなレビューが多数投稿されているので注意。
それでも高評価を得ているということは、それほど気にならなのかもしれない。
標準的と言う人もいるようなので。
以下amazonレビューの抜粋。

音切れがよく報告されているみたいですが、私の買ったのは標準的だと思いました。
むしろオーバードライブとか、ガバナーとかのコンパクトよりかはマシな印象を受けました。
エフェクター買ったのが10年振りなんで比較は昔の機種になりますが、
その年代の機種を使ってた方には違和感はないと思います。

このTone Labシリーズにはもう一つTone Lab EXと言うものがあるが、こちらはデカくて重い。
片手ではもてない上に3kgの重量がある。
EXは本腰用。
エフェクターケースは必須。
STは比較的お手軽用。
自転車で移動するならST。

初めて買うマルチエフェクターとしても結構お勧めできる機種である。


VOX ヴォックス 真空管搭載 マルチ・エフェクター Tone Lab ST

新品価格
¥9,678から
(2015/1/31 21:28時点)