こんなエフェクターあったんだブログ

気まぐれに更新。エフェクターの話題を中心に音楽系の話題を。

シューゲイザー用エフェクターはこの一台で決まり!

個人的にシューゲイザーが熱い。
というわけでシューゲイザーに関するエフェクター記事をひとつ。

シューゲイザー専用エフェクター

my bloody valentineSwervedriver、日本ではスーパーカールミナスオレンジといった、深い歪が特徴的な前衛的音楽ジャンルのシューゲイザー

鬱っぽい感じに惹かれてコピーしたくなるバンドマンは多いはず。

で、実際バンドで表現するとなると、安直にディストーションを重ね合わせるだけではなかなか良い、それこそシューゲイザーっぽい音というのは実現しにくい
エフェクターを何重に重ねすぎてにノイズを拾ったり、そもそも金銭的にそんな余裕がなかったり。

そこで使えるエフェクターがある。
その名も「SHOGAZER(Devi Ever)」

【国内正規品】【1年保証】Devi Ever Shoe Gazer

新品価格
¥27,980から


まさにシューゲイザー用のエフェクター
www.youtube.com


これを単純に1台つなげるだけでも十分にカッコイイわけですが、
イチ趣味のバンドマンのわたくしとしましては、ここからさらに、エフェクター追加してシューゲイザー音を作る方法を書きたいと思うわけですよ。


その1.SHOGAZER×リバーブ

歪以外にシューゲイザーの特徴をあげるとすれば、残響感だろう。コード感がほとんど感じられないながら、どこかに吸い込まれていく感覚に惹かれる音楽ファンは多い。
そこで、空間系の出番。リバーブをがっつり聞かせてコードチェンジもあいまいに、構成もあいまいにしながら、曲を進ませていくことでふわっとした憂鬱な表現に拍車がかかる。歪以外にかけておきたいエフェクトの一つ。
お勧め↓↓

Danelectro (ダンエレクトロ) スプリングリバーブ DSR-1 (SPRING KING)

その2.SHOGAZER×ディレイ

空間系でもう一つあってもいいのがディレイ。ギターソロでディレイをかけてさらに現像的にする方法もある。ただ、バッキング時にリバーブを深くかけすぎた状態でディレイをかけると、わけがわからなくなるので要注意。
ディレイをかけるときはいつもより、歪を抑え気味にして単音弾きなどに使うとかっこいい。
お勧め

LINE6 ディレイモデラー Stompbox Modeler DL4 【国内正規品】


その3.ハウリング

ハウる?ハウらない?ぎりぎりのところを攻めることを個人的にはお勧めしたい。
エフェクターのゲインはほぼ最大、アンプの音量もPAさんに怒られない程度にして、ギターをかき鳴らす。ほんの数秒でもミュートを怠ったらハウる設定にする。
あんがいこのくらい大げさにやった方が客受けがいい時がある。


以上、シューゲイザーに憧れるギターキッズの手助けになればありがたい。




畏れ多くも、空間系エフェクターの記事も少しあるので、参考していただけるとありがたい。
effect4week.hatenablog.jp
effect4week.hatenablog.jp
effect4week.hatenablog.jp


www.youtube.com